1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
SCA-7511Mk3の高出力化
SCA-7511Mk3BTL1.jpg

SCA-7511Mk3は最新のSATRI回路が搭載されていて音がいいと評判ですが、出力が15Wと低めなのでフルオケを鳴らしたときに少し苦しくなることがあります。しかし、SCA-7511Mk3単体ではこれ以上出力を上げるのは難しいのでBTL化してみます。SCA-7511Mk3を2台使い、それぞれモノラルアンプとして使います。BTL駆動なので、L/Rのスピーカー出力のプラス側にスピーカーケーブルの+とーを接続します。

SCA-7511Mk3BTL2.jpg

入力端子は右か左どちらか一方だけを使い、内部でパラ接続します。アンプの片側のチャンネルを反転出力にする改造をすればBTLアンプとして動きます。SCA-7511Mk3は比較的簡単に片側のチャンネルを反転させることができます。

これで理論上は4倍の60W出るはずですが、実際は電源がそこまでもたないので30W程度と思います。それでも出力に余裕が出たので大きめの音を出してもしっかり鳴ってくれます。モノラル駆動になったこともあって左右の分離も良くなった気がします。
スポンサーサイト
© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。