1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
6WAYオールホーンシステム(7)
6WAY-07.jpg


OmniMicで簡単に特性を測った結果です。新しいSATIアンプを設置したとき、音出し確認を兼ねて適当にレベルを調整した状態で記録したものなのでけっこういいかげんです。時間をかけてフラットに追い込めばもっときれいになるはずです。一番上の黒い線が全体の合成です。低音ホーンの特性を測り忘れたため低音の特性が載っていませんが、70Hzクロスなので70Hzから下のレスポンスが低音ホーンの分と見ていただいて良いと思います(スーパーツイータの特性も出てませんでした。適当ですみません。)

図を見ると、使用しているアナログチャンデバが12dB専用になっているので、各ドライバーからオーバーラップして出ている帯域が大きいのがわかります。この部分では2つのドライバーから出た音が混じり合い、空間で合成されますので、1つのドライバーから出る帯域に比べて音が濁りやすくなります。なので、特性から見る限り、各帯域をもっと急峻に切って使えばさらに性能を発揮できそうに思います。
スポンサーサイト
© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。