1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Rubi DAC Clock Kit進行状況(2)

RubiClockParts.jpg

ルビジウム・クロック内部に使う主要部品です。やっと基板ができてきました。まだケースがないので置いただけですが、このレイアウトでケースに収まることになります。今回採用した電源トランスは、銅箔巻きにしてシールドをしっかり施しました。

DAC側に取り付けるインターフェイス基板も出来上がりました。

InterfaceBoard.jpg

  
ルビジウム・クロックを使って44.1kHz~192kHzで動くようにするための基板です。この基板からDACのサンプルレート変換にクロックを注入すると、ルビジウム・クロックを使ってDACが動作するようになります。


やっとここまでできました。ケースが出来上がって音出しするのが楽しみです。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。