1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Rubi DAC Clock Kit進行状況(6)
JRC-MUSEs.jpg

いま一番話題のOPアンプJRCのMUSE01(バイポーラ出力)と02(FET出力)です。これも2回路入りでDACキットにそのまま挿して使えます。ただ、リードフレームの足が無酸素銅でできているため、非常に柔らかく、何度か差し替えていると足が簡単に曲がります。差し替え実験するときは、8ピンソケットに挿して、それをDACキットのソケットに挿して使うと良いと思います。

音は、さすがに高いだけあり、歪み感が少なく、低音がぶ厚く出ます。何もしなくても低音が充分出ている大型スピーカーなどでは低音出過ぎになる気がします。SATRIアンプを銅板ケースに入れるとやはり低音たっぷりな音になりますが、それに近いかも知れないです。銅のリードフレームの影響がかなり強いように思います。

基本的な音の傾向は同じですが、01より02のほうが音が明快に出ると感じました。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。