1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
出川電源搭載カスタムアンプ

CustomAmp01.jpg
出川式電源搭載カスタムパワーアンプ


 アンプは電源が重要です。大きな電源を使ったアンプは回路がオーソドックスでもしっかりした音を出します。そのようなアンプはブランドがなくても立派に通用する音がします。


 SATRIアンプで大型電源を搭載したアンプというと、AMP-5513-SPかそれより上のクラスのモデルになりますが、このクラスになると価格も50万円以上になります。AMP-5513-SPは500VAの電源トランス1個で3電源を搭載していますが、もしSATRI回路にこだわらず、強力な電源でスピーカーをドライブすることを優先したいという場合は、もっと安い価格で写真のように電源のしっかりしたアンプを作ることができます。


 写真のパワーアンプは、Mark Levinson No.331と同等の回路に500VAサイズの巨大電源トランスを左右1個ずつ搭載した80W+80Wアンプです。これに手を入れ、さらに出川式電源に改造したモデルです。通常、このクラスの巨大電源を搭載したパワーアンプだと最低でも70~80万円以上になりますが、この製品は約半分の値段で作れます。電源が強力なので4Ωスピーカーでも音がヘタらず、どっしりした音が出ます。AMP-5513-SPと比べても2倍の電源容量がありながら、価格はそれよりだいぶ安く作れます。音はSATRIアンプとは当然違いますが、電源に物量を投入したアンプは説得力のある音がします。スピーカーをきっちり駆動しているのがわかる鳴り方と言えばわかりやすいでしょうか。


 実はこのアンプはもう買い手が決まっています。お客さんが使っているスピーカーが、あの鳴りにくいことで有名なリボン型の大型スピーカーApogeeで、このスピーカーが鳴るアンプを探していたところ、このアンプで鳴ったということでした。低いインピーダンスのスピーカーを鳴らすには電源だけでなくパワー段が強力でないとダメですが、このアンプは4パラプッシュプルになっているのでその点でも問題ありません。このアンプだと、普通の小型スピーカーを鳴らしてもスケール感が出るところが良いです。電源が非力なアンプだと、小型スピーカーは小型らしく箱庭的な鳴り方になるのが普通ですが、それだとつまらなく感じます。


 上の写真だとアンプの大きさがわかりにくいと思いますので、CDを並べてみました。アンプの重さは30kgあります。


CustomAmp02.jpg


 電源部付近の拡大です。2個の電源トランスが頼もしいです。このアンプは蓋をしないで、中を眺めながら使ったほうが美しいと思います。音も蓋をしないほうが良いようです。ホコリが気になる場合はガラス板を置いておけば良いでしょう。ヒートシンクはほとんど熱くなりませんので夏でも安心して使えると思います。

 

CustomAmp03.jpg


 これと同じパワーアンプが欲しい方はカスタムでお作りしますのでご連絡下さい。PSE認証付きで納品致します。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。