1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
SCA-7511Mk3 ☆新登場☆
SCA-7511Mk3-1.jpg
SCA-7511Mk3プロトタイプ(上)

バクーンから久々にSATRIアンプの新製品が出ます。これまで低価格製品では搭載不可能と思われていたSATRI V11が標準で搭載された製品です。上がSCA-7511Mk3プロトタイプ、下がSCA-7511Mk2です。重ねてみるとわかりますが、サイズは同じです。プロトタイプのためケースはまだ板金で切っただけですが、これに正面パネルが付きます。パネル色はこれまでの茶色を止め、黒になります。

中身ですが、今までの7511系基板とはだいぶ変わりました。Mk2からMk3への変更というと小さな変更と思われそうですが、大幅に変わっています。SATRI V11が載ったということだけでも大きな特徴ですが、これ以外にもV5.1、V8、V9.1が標準搭載されています。これだけの回路を標準で詰め込みましたので、その分価格が上がりましたが、充分割安と感じます。

SCA-7511Mk2-SPとのSPECの違いはこのようになります。

 SCA-7511Mk2-SPSCA-7511Mk3
SATRI-IC-SP搭載搭載
V5.1なし(オプション)搭載(ディスクリート)
V6.2搭載V11に包含
V8搭載搭載
V9.1なし搭載
V10なしなし
V11.4なし搭載
出力15W+15W15W+15W
価格\140,000(V5.1なし税込)
\161,000(V5.1付き価格)
\172,000(税込)

Mk3でV6.2が搭載されていないのは、V11.4の中にV6.2回路が包含されたため不要になったからです。どちらも終段の安定度を高めるための回路ですが、V11のほうが安定度が高く、大出力時にも安定な反面、終段部の回路規模が倍になるため、低価格アンプには採用できなかったのですが、今回、V11を改良したV11.4を搭載することで、回路規模を抑えたまま安定度を確保することに成功しました。

SATRI回路の心臓部はこれまで同様SATRI-IC-SPが使われています。定電流源のV5.1は基板上にディスクリートで攻勢して搭載されました。V9.1はSATRI-ICの外にあるカレントミラー回路を改良して小さな基板に収めたものですが、これも従来のカレントミラー回路を置き換えるもので、音質向上に役立っています。この基板がアンプ基板の背面に取り付けられています。V10は入っていません。代わりにOP-AMPで構成されています。

基板部はこのようになっています。

SCA-7511Mk3-2.jpg

手前に8個ある四角いパターンにはリレーが入ります。これまで7511系の入力は2系統でしたが、リレーを使って入力を増やせるようにしてあります。標準では2系統しか使わないのでリレーなしで前面スイッチで切り替えるようになっています。ちなみに電源部はMk2と同じです。
試聴は、マグネシウムユニットを使ったillusion Imageスピーカーで、AMP-5513(カスタム仕様)と比較しました。

SCA-7511Mk3-3.jpg

通常はAMP-5513で鳴らしている装置です。AMP-5513は重心が低く、A級らしい落ち着きのある音です。音量を上げるとスケール感が良く出ますし、低音もたっぷり出ます。マグネシウムユニットは他のユニットに比べ正確な音が出ますので、モニター的な聴き方ができます。

この状態でSCA-7511Mk3に換えると、全体の音のバランスがすっきりします。低音の質がかなり変わります。低音でも「解像度が高いとこういう音になる」というのがわかる音の出方になります。低音の量だけならAMP-5513のほうがありますが、ウッドベースの弦の動きがわかるような鳴り方はSCA-7511Mk3です。また、高域にも特徴があり、高域のかなり高いところまではっきりと出してきます。illusion Imageはツイータもマグネシウム・ドームですが、これほど良く鳴ったのは初めてです。AMP-5513で鳴らすと中低域が強く出るせいか、高域がどこまでも伸びているとは感じません。「とにかく高解像な音になった」という印象です。

他のスピーカーでも鳴らしてみましたが、illusion Imageクラスのスピーカーを使ったときが最も良く特徴が出ました。この組み合わせがベストマッチです。

今回のデモ機はボリューム付きでアッテネータは入っていませんでしたが、ボリュームのままでも解像度が高い音を出したのもちょっと驚きでした。SATRI用アッテネータに交換すればさらに良い音になりそうです。これ以外のオプションですが、今回の基板は良く出来ていて、あまり改造したくなるような部分がありません。出川式電源とOP-AMP交換は比較的簡単にできそうです。OP-AMPは5個(シングル x 4個、デュアル x 1個使われています。デュアルタイプのOP-AMPは好みのものに差し替えるだけで違う音が楽しめます。 シングルタイプのOP-AMP x 4個は交換した場合、再調整が必要のようです。

今回試聴したのはプロトタイプですが、実際には内部はほぼ完成していて、ケースが出来上がれば発売できる段階の製品です。バクーンでは発売予定日も既に決まっていて、6月末には出せるとのことです。韓国などにも出すそうで、それに向けて準備をしている段階です。ということで、完成後すぐに欲しい方にはあらかじめ台数を確保致しますので、ご予約注文を希望される方はメールでご連絡下さい。ご質問やお問い合わせも歓迎です。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。