1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
SCA-7511Mk3 ☆新登場☆ (3)
SCA-7511Mk3_20100617051753.jpg

製品版のSCA-7511Mk3です。これまでSATRIアンプのトレードマークだった茶色のパネルが変更され、黒パネルになりました。つまみはベークライトのままです。

SCA-7511Mk3NG.jpg


パネルの一部を拡大してみるとThe New Generationと書かれています。これはSATRI回路が新しい段階に来たことを示しています。デモ機を試聴した方の印象では、「解像度が高い」点が共通しているようです。終段の回路を大きく改良したV11.4の音を一言で言うと解像度が高いと言っていいと思います。ただ、解像度が高くなった反面、ゆるい表現が苦手になったというご意見もあります。低音の解像度が高くなったため、低音が締まり過ぎと聞こえることがあるようです。この辺は、試聴屋のデモ用スピーカーで鳴らしたときも感じました。ちょっと聞くと相性がはっきり出やすいように思ってしまいますが、よく考えてみると今あるスピーカーは従来のアンプをつないだときにバランスが取れるように作られています。ならば、新しい高解像度のアンプを使うならその性能を引き出すように調整して使うか、新しい音を引き出せるスピーカーを使うかしかないだろうと思います。

今回は、SCA-7511Mk3とillusion Imageの相性が良かったですが、このスピーカーはウーハー、ツイーターともマグネシウム振動板を使っていることもあり、反応が良いスピーカーなのでうまく鳴ったのだと思います。SCA-7511Mk3の音がどういうものかわかってくると、他のスピーカーでもセッティングを詰めていけばもっと良く鳴らせるだろうと思えてきます。

とにかく新しい音なのは間違いありませんので、今までのSATRIファンの方も新しいSATRIの音を体験してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。