1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
AMP-5513Mk3プロト(1)
AMP-5513Mk3のプロトタイプができたというニュースが入ってきました。
詳細は一切不明、値段も不明です。写真もまだありません。

音も聴いていない段階で何を言ってもしかたがないですが、SCA-7511Mk3やSHP-5516を聴いていますので、大体の想像はつきます。前のモデルのAMP-5513-SPが\530,000~\646,000(アッテネータ付き)でしたので、新しい回路を搭載して回路規模が大きくなる分を考えると、これより少し高いくらいになると予想します。

アンプの位置付けとしては最低価格のSCA-7511Mk3と、最高価格のSHP-5516Mの中間になりますので、仕様も大体これらの中間になるはずです。AMP-5513-SPはA級35Wでしたが、V11.4搭載のA級駆動は放熱が厳しいのでAB級になるはずです。出力はバイアスを調整したとしても35W~50W程度でしょう。

大体の感じとしてはSHP-5516プロトタイプ(STEREO仕様)に近い規模になると思います。
価格から見てSHP-5516の回路を一部簡素化するなどして部品点数を少なくしたものになると予想します。

SHP-5516プロトの音は見事でしたので、それが再現できていれば「買い」ですが、こればかりは聴いてみるまでわかりません。試聴できた段階でまたレポートさせていただきます。

それにしても、V11を搭載するようになってからのSATRIアンプはどれを聴いても目が覚めるような解像度の高い音で、A級かAB級かというような違いは以前のモデルほど気にならなくなりました。価格によって違いが出やすいのは電源です。電源が小型か大型かは、中音から下の音の厚みの差となって聞こえます。もちろん電源は大型のほうが良いですが、大型電源を搭載すると価格が高くなってしまうのがつらいところです。今回のAMP-5513Mk3は前のモデルと同じ規模の電源が搭載されているはずですから、しっかりした電源と、出力がもの足りないということもなく、メインとして本気で使えるアンプになっていると思います。

AMP-5513Mk3が早く欲しい方は予約を入れていただければ確保させていただきますのでご連絡下さい。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。