1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
AMP-5513Mk3プロトタイプ(5)
AMP-5513Mk3protoWithATT.jpg
AMP-5513Mk3プロトにアッテネータを入れてみる

AMP-5513Mk3プロトにはボリュームが付いているのでアッテネータに交換してみました。ボリュームとアッテネータの違いを確認するためです。これまでの試聴ではボリュームとアッテネータでは、当然アッテネータの方が音が良かったですが、V11が搭載されたSATRIアンプではどれくらい違うのかまだ確認していませんでした。

というのはバクーンによると、新しいV11とV8の搭載によって、従来のSATRIアンプよりも「部品による音の変化が小さくなっている」ということを聞いているからです。V11は終段BIASの固定化(V6相当の回路)と、上下の石に流す電流を独立させることによって終段が電源変動によって振られないように制御しています。このようなことをしているメーカーはまだどこにもありません。バクーンが世界初です。実際に音を聴いてみると、アンプの音が機種ごとに違う大きな原因の1つがここにあったと思わせられます。AMP-5513Mk3ではこのV11.5が搭載されていますので最新の音になっています。

ただ、実際に聴き比べてみると、最新の回路であってもやはりボリュームよりアッテネータにしたほうが透明感のある音が出ます。SHP-5516Mプロトを試聴したときは、ボリュームのままでも鮮度の高い音が出ていましたので、AMP-5513Mk3とはその点が違いますが、アッテネータを入れることで、価格的に倍のSHP-5516Mに近づくのであれば、AMP-5513Mk3のほうがかなりお得に思えます。実際、昨日比較したAMP-5513-SPとはかなり違いましたので、従来のSATRIアンプユーザーが新しいASTRIアンプに入れ替えると大きく音が変わるはずです。新鮮な体験になることは間違いないでしょう。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。