1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
SCA-7511Mk3 ビッグトランス実験
SCA-7511Mk3-BigTrans.jpg
SCA-7511Mk3にビッグトランスをつないでみる

SCA-7511Mk3はSATRIの最新回路を搭載した小型アンプです。SATRI-IC-SP、V5.1、V8、V9、V11.4相当の回路が標準で入っています。そのおかげでとても透明感があり、冴えた音がします。このまま使っていても大きな不満はないですが、小型アンプなのでそれに合わせて電源トランスも小型なものが搭載されています。

これを大型トランスにしたらどういう音になるか実験してみました。用意した電源トランスは、600VAの容量を持ったものです。SATRIアンプで言えばAMP-5513クラスの電源トランスに相当します。DACからバランスの電流出力を出して、それを2台のSCA-7511Mk3に入れます。電源を入れる前にあらかじめ大型電源トランスを本体につないでおきます。SCA-7511Mk3の電源トランスと電源基板の間はソケット接続になっているので、大型電源トランスの先にプラグを取り付けておけば簡単に元の電源トランスと比較することができます。

大型電源トランスに替えるとノイズ感が減ってよりクリアになります。中域から下が厚くなってしっかりした音になります。容量が増えても電源電圧が同じなので出力が増えるわけではありませんが、余裕のある音になるだけでも替えるだけの価値はあります。さらに良くするには電源の電解コンデンサの容量を大幅に増やせばいいのですが、こちらはそう簡単に差し替えるわけにはいかないので今回はやりませんでした。でも効果があるのは出川式電源などで確認していますので、電源ケースを別に用意してそれに大型電源トランスと大量の電解コンデンサを載せれば一段上の音に変わるはずです。いじれる方は実験してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。