1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
OmniMicの日本語化と日本語解説書1
OmniMic01.jpg 
OmniMic一式

最近、OminiMic(オムニマイク)という音響測定器を入手して使い始めました。音響測定器としてはCLIOfw(CLIOの最新モデル)がありますが、これは本格的な業務用なので個人で使うには高いです。それにCPUが速くて(2GHz以上)、メモリも充分ないと処理が追い付かなかったりします。

古いノートパソコンでも手軽に使える音響測定器としてはSoundTesterがあります。SoundTesterを使えば大体の特性は測れますが、これには1つ使いにくい点があります。SoundTesterはノートパソコンに内蔵されているサウンド機能を使うのですが、これがたいていの場合高域までフラットに伸びていません。おまけ程度の機能なので「音が出ればいい」程度の特性になっています。ソフトの補正機能を使ってある程度までは補正できるのですが、あまりにも特性が悪いと補正しきれないことがあります。一旦補正データができれば後は便利に使えますが、これがうまくできないと正しい特性が表示されないまま使うことになります。内蔵のサウンド機能は大抵高域が落ちているので、その落ち込み分を見ておいて、表示された特性グラフの表示にその分を足してあげれば良いので、自分だけで使うには大きな支障があるわけではありませんが、測定したグラフを公開するような使い方はできません。内蔵のサウンド機能を使わず、USB経由で外部のサウンド機能を使えば問題なくなりますが、その分装置が大掛かりになりますし、うまく動くまで試行錯誤しないといけなかったりします。

OmniMic(オムニマイク)はユニークな方法で補正データをユーザーが作ったりしなくても正しい特性が簡単に測れるようにできています。しかも安くて持ち運びがとても楽です。何しろマイク本体と付属ケーブル、信号が入ったCD 1枚で全部です。後はそれをつなぐノートパソコンがあればすぐに測れます。ノートパソコンのUSB端子にOmniMicをつなぎ、CDプレーヤーに付属のCDを入れて測定用信号を再生し、測りたいスピーカーから音を出すと結果がグラフになって表示されます。これならPCの操作ができる方なら誰でも簡単に使えると思います。

ただ、OmniMicはアメリカの製品なので、

1.測定用ソフトの表示が全部英語(ソフトのHELPも英語)
2.日本語の解説書がない

点が使いにくいところです。そこで、このソフトの日本語化と使い方の解説書を作りました。これらはうちで独自に作ったものですので、アメリカの販売元に問い合わせても日本語版はありません。現在の英語版ソフトをインストールした後で一部のファイルを日本語対応のものに差し替えれば日本語で使えるようになります。英語版で不都合がない方はアメリカから直接購入していただければ安く済みます。日本語の解説書と日本語対応の測定ソフトで使いたい方はお問い合わせ下さい。英語版のOmniMicとセットでご用意させていただきます。

※なお、日本語対応ソフトは全部を日本語にしたものではなく、不都合がない程度にメニューや画面の英語を日本語に直したものです。

OmniMic02.jpg


OmniMicは専用ケースに入っていて、一式まとめて持ち運びしやすいようになっています。落としても大丈夫なようにクッション入りケースになっていて、衝撃に弱いマイクを保護できます。

OmniMic03.jpg
ノートパソコンの上に置いたところ


青いCDに英語版の測定用ソフトが入っています。黄色のCDに測定用信号が入っていてCDプレーヤーで再生します。

OminiMicをご紹介したのは、JBLの各種ツイータの特性をこれで測り、参考にしていただくためです。下の写真はJBL 2402Hツイータを測っているようすです。

OmniMic04.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。