1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
スペーサーの有無による違い
BlackSpacer.jpg
黒いスペーサーなし(左)とあり(右)

OmniMicが使えるようになったので、フェイズプラグの間に入れるスペーサーの有無による違いがあるかどうか調べてみました。

JBL2402Hsin-BlackSpacer.gif
JBL 2402H(チタンダイヤフラム) スペーサーありの場合

JBL2402Hsin-NoBlackSpacer.gif
JBL 2402H(チタンダイヤフラム) スペーサーなしの場合

はっきりわかる違いは、最もレスポンスが大きい周波数が高いほうにずれることです。スペーサーが入っていると、フェイズプラグと振動板の間が標準より大きく空いてしまうので、それに伴う変化のようです。

また、スペーサーがないほうが、高域の落ち込みが小さくなっています。フェイズプラグの精度が悪くてダイヤフラムに触れるようなことがなければスペーサーは入れないほうが良さそうということがわかります。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。