1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
JBL 075、2402のマスキングテープトリック
JBL 075、2402のマスキングテープトリックを解説した動画

2402Hに関する情報を探していたとき見つけたのがこれです。解説を見ると、「JBL 075と2402の振動板を交換するとき、センターポールピースの高さがほんの少し低いので、振動板を取り付けるとき適当な厚さのマスキングテープを貼ってから振動板を取り付けるとちょうど良い高さになり、特性もきちんと出るよ」ということを言っています。JBLのツイータ用振動板は075、077、2402、2405とどれも共通で使えるのですが、075と2402の場合だけこのようにすると良いそうです。

さっそく手持ちの2402Hで同じことをやってみました。ところが、この解説で使っているマスキングテープの厚みがわかりません。AceというブランドのGeneral Use Masking Tape 3/4インチ幅というテープを使っていると言っていますが、同じものをわざわざアメリカから買うのは面倒です。このテープの厚みを調べてみましたがわかりませんでした。しかたがないので手近にあるスコッチのマスキングテープを使うことにしました。

結果的には大きく変わりはしませんでしたが、周波数特性のカーブの形が少し変わったような気がします。テープの厚みがわかればもっと大きな差が出るかも知れません。2402Hを購入したときにはポールピースには何も貼られていなかったので少しは改善になったのかも知れません。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。