1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
UltraDrive Pro(DCX2496) 3台め
DCX2496x3A.jpg


 マルチ用に使っているUltraDrive Pro(DCX2496)です。三台並んでいるのは理由があって、一番下が最も古く、その上が少し新しいもの、一番上が最近買ったものです。下の2つは内部に手を入れてあり、電解コン交換、クロック交換、電源部の改造などをしたもので、通常使っているのは一番下の機種です。見た目は全く同じですが、内部の基板やROMのバージョンが少しずつ変わっており、一番新しいモデルは「192kHz 24bitの信号を入れても音が出る」といううわさを聞いて、それを確かめるために買ってみたものです。

 さっそくハイサンプリング音源(176kHz 24bit)を入力してみたところ見事に音が出ました。DCX2496は内部処理が96kHzサンプリングなので192kHzの信号を入れても内部で96kHzに変換されてしまい、本来のハイサンプリングの音にはなりませんが、下の2機種は音すら出ませんでしたので、それに比べれば音が出るだけありがたいです。


DCX2496x3B.jpg


 192kHzで処理してくれるデジタルチャンデバがあれば一番いいのですが、なかなか適当なのがありません。今だとアキュフェーズのDF-55くらいですね。もっと安価で使いやすいデジタルチャンデバが出てくれるのを待つしかないようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

DCX2496
クロック交換の詳細は?
KH | URL | 2012/08/06/Mon 11:07 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。