1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ファインメット、アモルファス、フェライトをSDTrans384,SyncDACに入れてみる
Finemet.jpg
ファインメットコアをSyncDACのクロック電源ラインに入れる

ファインメットがオーディオ用に使えるというのはあちこちで聞きますが、自分で試したことはありませんでした。今回、ファインメットコアを入手できましたので試してみました。試した方の話ではデジタル回路全般に効くとのことでしたので、一番わかりやすそうなSyncDACのクロック用電源の配線の間に入れました。

曲によって聞こえ方の違いはありますが、すっきりきれいな音になります。これを外すといつもの音に戻ります。何度か入れたり外したり繰り返しましたが、同じように変化しましたので気のせいではなさそうです。他に比較するものがあるともっと違いがわかりやすくなるので、アモルファスとフェライトのコアを入手してきました。

Amorphous.jpg
アモルファスコアをSyncDACのクロック電源ラインに入れる

アモルファスコアは特性的にもファインメットに近いので同じような音になるのではないかと予想しましたが、だいぶ違う音になりました。ちょっとオフな感じで音像が下がり、優しい音になります。これほどはっきり違いが出るとは思いませんでした。

Ferrite.jpg
フェライトコアをSyncDACのクロック電源ラインに入れる

フェライトコアは同じサイズがなかったので大きめのを使いました。上の2つに比べ、特性はだいぶ落ちます。音もそれほど大きくは変わりませんでした。

Finemet2.jpg
ファインメットコアをSDTrans384の電源に入れる

今度はSDTrans384の電源ラインに入れてみました。入れないときと比べると音楽がうるさくなくなり、静かに感じます。次にアモルファスに交換してみます。

Amorphous2.jpg
アモルファスコアをSDTrans384の電源に入れる

SyncDACのクロック電源に入れたときほどファインメットと大きな差はなく、同じような静かさを感じる音になります。この部分はどちらを使っても良さそうです。入れる場所によって聞こえ方と効果が変わるようです。どこにどれを入れるか、実際に聞きながら使うのが良いようです。

フェライトしかなかった頃はあまり良い効果があるとは思えませんでしたが、ファインメット、アモルファスと良い材料が出てきたおかげでまた音質改善ができそうです。

B-H.jpg

ファインメットはアモルファスの一種なのでどちらも同じようなカーブになります。フェライトとはだいぶ違うのがわかります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。