1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
SoundTesterとARTAを使った測定(1) Waterfall
SoundTesterではMySpeakerというソフトを主に使っていますが、SoundTesterで使えるもう1つのソフトARTAを使って測定してみました。ARTAは英語版のソフトなので少し取っつきにくいところがありますが、CLIOと同じMLS測定ができます。これは実はすごいことです。なぜかと言うと、CLIOと同じ疑似無響室特性が測れるからです。

CLIOは業務用に使える本格的な測定環境装置で、最新版はCLIOfw(FireWire仕様)という製品が出ていますが、価格は測定マイク別で約30万円します。一方、ARTAはシェアウェアで\15,000(金額は為替変動によって変わります)くらいですが、ほとんどの測定は試用版のままで使うことができます。MLS信号を使って測定すると、部屋の暗騒音をある程度除いた疑似無響室特性が測れます。今までCLIOfwを使わないとできなかった疑似無響室特性が、ARTAのおかげで簡単に測れるわけです。

使い勝手は日本語で操作できるMySpeakerのほうが便利ですが、MySpeakerは部屋の中の生活騒音も拾ってしまうので、測定用信号を出している間は声を出したり動き回ったりせず、じっとしていなければなりません(2~5秒くらい)。ARTAを使うときも、うるさくしてはいけませんが、あまり神経質にならなくても良いので多少楽です。

つまり、疑似無響室特性を測りたいときはARTAを使えばCLIOfwがなくてもいいわけで、個人用測定環境としてはかなり高精度な測定環境になります。30万円以上もする測定器を個人で買うのは大変ですが、SoundTesterとARTAなら\59,800ですから、インシュレータやケーブルのようなオーディオ・アクセサリーを買うのと同じような感覚で使えます。

今までは使いやすさ重視でMySpeakerを動かすことが多かったですが、スピーカーの自作や改造にはSoundTesterとARTAを使って特性を測りながら作っていけますので、メーカー品に負けない特性のスピーカーが作れるようになります。

スピーカーを自作しない方でも、前回までの測定ではっきりしたように、スピーカーの設置場所でかなり音が変化しますので、置き場所に制約があったとしてもできるだけ良い特性になる場所を見つけてその位置にスピーカーを置けば、良い特性で鳴ってくれます。

一般に、スピーカーがうまく鳴らないのは、部屋にうまく合う位置にセットする作業を耳だけで聴いて適当な位置に置いているからです。耳は、相対的な差や音色を判別するには良いですが、できるだけフラットな特性になるように追い込むときにはあまりあてになりません。たとえば、耳だけでグライコを調整してフラットになるように調整できるかと言えばまず無理でしょう。部屋の影響で生じる大きなピークやディップは測れば簡単にわかりますから、それらの影響がない位置にセットし、その後に音色を調整すればずっと簡単に良い音にチューニングできます。

スピーカーはどこに置いても音が出てしまうため、つい安易に考えて適当なところに設置してしまいますが、それがかえって良い音から遠ざかることになってしまっていることになかなか気付きません。何かのきっかけで特性を測る機会があれば、目に見える形で状態がわかるので「直そう」という気になりますが、音は目で見えませんから、なかなか気付かないんですね。気付かないまま何年も「いい音が出ない」といってアンプやCDプレーヤーを換えたりするくらいなら、最初から測って調整したほうがよほど良い音への近道と思うのですが、オーディオ評論家の方々もなかなかこういうことは言わないので、どうして言わないんだろう?と思ったりします。

前置きが長くなりましたが、ARTAで測定した周波数特性です。

ARTA-illusionSP-Freq.gif
ARTAによるillusionスピーカーの周波数特性

わかりやすいように、変動幅の上下に色の帯を付けました。中央の横線の上下幅を見ると大体±3~4dBに収まっています。無響室で測るとほぼこれと同じようになるはずです。±3~4dBという特性は、現在販売されているスピーカーの中でもけっこう良いほうです。±5dB以上のスピーカーもけっこうありますので。

ARTAは周波数特性だけでなく、音が出てから少し時間が経ったときの音のようすも見ることができます。ウォーターフォール(Watefall)とか、CSDグラフという図です。

ARTA-illusionSP-CSD.gif
illusionスピーカーのWaterfall(CSD)グラフ

一番上の赤い線が周波数特性と同じものです。そこから手前に向けて時間が経過するとともに、スピーカーから出た音がどう変化するか(減衰するか)を表示しています。理想的には、短い時間で全帯域の振幅が0になるのが良いのですが、そういうスピーカーはまずありません。一般的には、スピーカーのバッフルやサイド面に当たって反射した音や、近くの壁やテーブルなどに当たって反射した音が残響として残るため、このようなグラフになります。一般に、低域は減衰しにくいので時間がたってもまだけっこう残っています。10kHz以上の高域は早い段階できれいに減衰して見えなくなっています。2k~10kHzの間の帯域でけっこう大きな残響が残っています。これがバッフル面などでの反射の影響と思われます。本当にそうかどうかは、バッフル面にフェルトや皮などを貼ってもう一度測り、その差を比較してみればわかります。

このようにして中域の残響レベルが下げられれば余計な音がしなくなりますから、音楽をかけてもあまりうるささを感じない音になります。ツイーター周辺に吸音性の材料を貼っているスピーカーがありますが、それはこのような効果を狙っているからです。音を聴かなくても、目で見て音質を向上させる方法もあることがおわかりいただければ幸いです。

このようなスピーカーのチューニング法があることはあまり知られていないと思います。満足できる音が出ないとついアンプやCDプレーヤーを交換することを考えてしまいますが、まずどういう音がスピーカーから出ているか把握してからでも遅くはないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。