1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
戸澤式レゾネーター

TozawaBox.jpg
戸澤式吸音レゾネーター

だいぶ前に買ってウーハー箱に入れてあったものです。もう売っていないと思っていましたが、まだ売られているようです。上面が12cm x 12cm、高さが23cmあります。和紙でできていて、このように膨らまして使います。紙風船と同じようなものですが、これをスピーカーボックスの中に入れるとこの箱が吸音してくれるので、ほかに吸音材がいらないという宣伝でした。


使い方は、この紙箱をスピーカーボックスの中にできるだけたくさん詰め込んでおくだけです。どうしてこれで吸音できるのかよくわかりませんが、効果はあるようだったのでそのまま使っていました。普通の吸音材は箱の内側に貼って使いますが、入れる吸音材の材質や入れる量によって低音の質感が変わります。少なければ箱が鳴きますし、多ければ箱の容積が小さくなるので鳴きが減る反面、詰まった低音になります。吸音材はグラスウールが一般的ですが、フェルトもありますし、古くなった毛布なども使えます。吸音材だけでもそれなりに詰め込むノウハウがいろいろありますが、中には全く吸音材を使わない自作派の方もいるようで、理屈で割り切れない分野の話になります。今はSoundTesterやCLIOがあるので、箱の中の定在波や音の減衰量を測りながら決めるというやりかたもありそうです。


当時、戸澤式吸音レゾネーターを使ったのは、吸音材を増やさずに箱の中を吸音したかったという理由からでした。戸澤式吸音レゾネーターをぎっしり入れても、レゾネーターの中には空気が入っているのでスピーカーボックスの容積が減るわけではないという説明でした。半信半疑でしたが、実際に入れてみてもウーハーのf0が上がらなかったので間違いではないらしいです。


肝心の効果ですが、これでなぜ吸音になるのかもよくわかりませんが、ウーハーが動くと、箱が押されたり引っ張られたりしますが、そのとき適度にクッションのような動きをするのかな?と思います。紙箱と言えどもぎっしり入っているので定材波も防いでいるのかもしれません。


結局よくわからないまま使っていましたが、箱の中の鳴きは減ったようなのでそれなりに効果はあったと思います。ちゃんとパテントも申請している製品なのでオカルトグッズとは少し違う気もします。

TozawaLabel.jpg

この紙箱を各スピーカーに20個ずつ、計40個使っていました。サイズが同じなら効果も同じはずなので、最初は自作しようとも思いましたが、実物を見るとけっこうきれいにできていて、同じものを1個作るだけでも手間がかかりそうです。それを40個も作るのはうんざりします。和紙も40個分だとそれなりに高そうです。結局、作る手間と材料費、それと、この効果を発見して製品化した戸澤さんに敬意を払うという意味もあって買いました。


ちなみに、この四角い箱は大きなスピーカーボックス用です。小さい箱には三角形の同じ戸澤式レゾネーターがあります。吸音材の音が嫌いな方は試してみるといいかもしれないですよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。