1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
寺島レーベルCD
TerashimaCD.jpg
寺島レーベル CD

寺島レーベルはジャズファンなら良く知っていると思います。Jazz評論家が選んだ曲をまとめたアルバムを多く出しています。こちらは売り物ですのでいかにもオーディオ的なサウンドに構成されています。

for Jazz Audio Fans Only Vol.1 11曲め(サンプル44秒 wav)

同じピアノとベースでも音のバランスがかなり違うのがわかると思います。


好みの違いもあると思いますが、オーディオの醍醐味を感じたいと思えばこちらの音が良いと思えるでしょうし、耳障りな音は一切聞きたくないと思えば昨日のような録音が良いと感じるでしょう。


どちらの音に合わせたいかが決まれば、当然アンプやスピーカーもそれに合うものにしたくなりますから、装置選びをするとき、どちらかのCDを持って行って試聴すれば自分の好みに合う装置かどうかわかるはずです。


SATRIアンプはどちらに合うかと言うと、どちらかと言えば音無館の録音が好みの方に合うアンプです。寺島レーベルのような音を聞こうとするなら、もっとパワー感が感じられるKRELLやスレッショルドのようなアンプで大きめの音量で鳴らして、音の振動を体で感じながら聴くのが良さそうです。

SATRIアンプで寺島CDを鳴らすと、ジャズの迫力というよりも「品の良さ」とか「きれいさ」が前面に出た音になります。後は、アッテネーターを追加すればもっときれいになりますし、電源を出川式電源に交換して電解コンデンサをたっぶり足せば重心の低い、厚みのある音に変化します。つまり、SATRI回路の音というより、部品としてのアッテネーターや、電源の強力さが反映された音になるということです。SATRI回路自体は元々癖らしい癖がない回路なので、使う部品の音が目立って聞こえてしまいます。


SATRIアンプで音無館のCDを鳴らすと、部屋の空間に広く浸透するようなサウンドになります。スピーカーはできれば本格的なホーンが良いですが、能率が高く、敏感なスピーカーであればホーンでなくても良いです。能率の高いスピーカーは大きめなので、低音もゆったり出ていい感じになると思います。illusionスピーカーをダブルで使ってもそれに近い感じが出ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。