1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
トランス式アッテネーターの音
セイデンから発売しているAT-701はトランス式ですが、セイデンさんに「どうして抵抗アッテネーター搭載のモデルを作らないのですか?」と聞いたところ、「好みもありますが、抵抗とトランスを比べたとき、やはりトランスの音のほうが良いと思うので」という答えが返ってきました。3種類を比較したところ、このような評価だったそうです。


トランス > セイデン製カーボン ≒ アムトランスカーボン


トランスというと古いという印象がありますが、抵抗式アッテネーターでは出ない滑らかさや音の透明感が出るそうで、この点が抵抗ではなかなか出せない音楽的な部分だそうです。既に、AT-701の音が気に入ってトランス式を注文したお客さんが何人もいらっしゃるそうです。大きな広告などは出していないので、最初に聞いた方から口コミで伝わったらしいです。


CDやデジタルアンプではなかなかアナログライクな音が出せません。アナログっぽい音を求めている方には本当はぴったりなんですが、こればかりは聴いて納得していただくしかないので広告やblogではお伝えしきれないところです。


AT-701の前のモデルでAT-301という製品があります。

AT-301.jpg
AT-301 (\248,000税込)


これも同じ銅ケースでトランス式アッテネーターになっていますが、入力切替スイッチも付いていてサイズが大きいです。重量もAT-701の倍くらいあり、持ち上げるとずっしりとしていて中身がぎっしり詰まっている感じがよくわかります。AT-301はトランス式アッテネーターとして最初に作られた製品で、中の銅板をかなり厚くしたり、高価な純銀線を使ったりしたためにコストがかかり過ぎ、製品としては良くできたものの、採算が取れないくらいお金がかかってしまったため、少し設計変更をして現在のAT-701になったそうです。ということで、AT-301はAT-701が出たので販売終了かと思っていましたが、数日前に聞いたところ、あと2台だけ在庫があるそうです。AT-301はメーカーが儲からないくらいですから品質から見てお買い得なはずです。売り切れしだい終了するそうですので、一番いいトランス式アッテネーターが欲しい方はこの機会にAT-301をお使いになってみてはいかがでしょう(もう売り切れていたらごめんなさい)。


ちなみに、AT-301はアッテネーターBOXではなく、"パッシブプリ"という位置付けの製品です。増幅回路が入ったプリアンプでは色付けがあることと、どうしても電源やアンプ部のノイズをゼロにすることはできませんが、パッシブプリなら可能です。非常に高能率なスピーカーで近接位置で聞くと、ほんの少しのアンプのノイズでも耳障りになります。そういうときは小出力でローノイズなパワーアンプとパッシブプリの組み合わせが最適ということになるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。