1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ALE 4550DPオールパーメンジュールドライバー
4550DP.jpg
4550DPとEX-500ホーン


ALE 1710と同じく、デモ機で使っていたALE 4550DPを入れ替えのためYahooオークションに出しています。こちらもデモ機とは言え、程度はいいですし、定価の半値以下で出しましたが、さすがにオールパーメンジュールのドライバーは元が200万円近いので半値以下でも簡単には落札されないかもしれません。ただ、これだけ良いドライバーが半額以下で出ることはまずないと思いますので、そういう意味でお買い得と思います。


残念ながら4550用のベリリウム振動板はまだありませんが、ツイーター用ができたわけですから、いずれ4550用のベリリウム振動板もできるのではないかと思います。こちらも3月25日の夜までです。


Yahooオークション - ALE 4550DP+EX-500ホーンペア
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g77276253


パーメンジュールという材料はあまり耳慣れないと思います。私もエール音響のドライバーを扱うまでは知りませんでした。今でもそれほど詳しく知っているわけではないのですが、Wikipediaで見ても、


「パーメンジュール (permendur) は、鉄とコバルトを1対1の割合で混ぜた合金である。実用化された軟磁性材料の中で最大の飽和磁束密度を持つことから電磁石の鉄芯等に用いられる。」


とたった2行しか書かれていません。でも、コバルトを大量に使うから高いということはわかります。コバルトはもともと希少金属ですし、昨年までの鉄や銅の値上がりの影響でパーメンジュールも3~4倍に値上がりしました。さすがにこれでは今までと同じ値段で作るのは無理です。かと言って、価格を大幅に値上げしてもお客さんの支持が得られなければ上げられないということで、値段はほとんど上げていませんが、このような状況ですので、いつ値上げされてもおかしくありません。パーメンジュールやアルニコは10年や20年経っても劣化することはありません。チャンスがあれば買っておいて損はないと思います。


ところで、オールパーメンジュールでないドライバーはパーメンジュールの代わりに純鉄を使っています。純鉄はパーメンジュールよりは透磁率が落ちますが、単品で販売されている1万円程度のドームツイーターやウーハーに使われているのはもっと安い軟鉄です。磁石はほとんどがフェライトです。どちらも安い材料なので製品も安く作れますが、エールドライバーのような24000ガウスもの時束密度は得られません。通常は10000ガウス以下です。能率が低い分、アンプのパワーで補ってやらないと十分な出力が出せないので、100W以上のパワーアンプが必要になったりします。アンプの方は技術が進んできて100Wでも200Wでも出せますが、スピーカーのほうはだんだん能率が下がってきています。能率が低いスピーカーに100W入れてもそれほど大きな音には聞こえませんが、ボイスコイルには100W流れます。すると、ボイスコイルの温度は100度以上に熱くなります。こうなるとユニットのリニアリティも悪くなり、ユニットの寿命も短くなって、良いことがありません。


一方、ホーンであれば能率が高いのでせいぜい10W以下のアンプで十分鳴ります。ドライバーに10Wフルに入れてもボイスコイル温度は100度にはなりません。よってパワーリニアリティも悪くならず、寿命も長いというわけです。何より良いのは、アンプの信号が熱になってロスされる分が少ないことです。SATRIアンプのような音の良いアンプからの信号がもしほとんど熱などでロスされずに音に変換できたとしたら、今よりもっと良い音が聴けるかも知れません。スピーカーの変換効率は、一般のスピーカーで数パーセント、ホーンで10%程度と言われていますので、良いアンプから出た信号がロスなく音に変換されやすいのはやはり高能率スピーカーというわけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TADのET-703 diaphragmがBerylliumu 35mmφで4550にjust適合、ただしVoce coil巻き直し要す。当方実現済み。
NO NAME | URL | 2011/01/04/Tue 02:17 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。