1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
illusion Juno & Grace

JunoGrace.jpg
illusion Juno(上)とGrace(下)


illusionシリーズのスピーカーで小型のJuno(ジュノ)は少し前からご紹介していますが、16cmウッドコーンを採用したモデルがやっと入りましたのでご紹介します。名前はGrace(グレース)と言います。Junoはかわいい子供をイメージした名前で、小型スピーカーとは思えない鳴りっぷりの良さが特徴ですが、Graceは、大きなウッドコーンから出るサウンドがゴージャスな印象を与えてくれるためそう名付けました。ツイーターはJunoと同じリングツイーターです。詳細は近いうちにご紹介しますが、とりあえず鳴らし込みをしようと秋葉原で音出しをしています。


鳴らしているとお客さんが来られますので、その場で両方聞いていただいています。違いはちょっと聞いていただいただけですぐにはっきりわかっていただけます。4.5畳以下のスペースならJunoが最適です。Graceだと、お部屋に入れたとき大きく感じると思います。6畳以上ならGraceのサイズが合います。


上の写真は、昨日、セイデンのアッテネーターを比較試聴したときにJunoとGraceをダブルにして鳴らしたときの配置になっているからです。Junoを逆さまにしてGraceの上に乗せ、バーチカルツイン構成にして鳴らしました。


既に何組かのお客様にダブル駆動の音を聴いていただきましたが、大変好評です。最初に1台で鳴らした後、同じ曲をダブルで鳴らすとその違いがよくわかります。ライブ演奏で、会場の奥行きや広がりを出したいときはダブルにするとスケール感が大幅にアップして、とても良い感じになります。原理は以前簡単に図で解説しましたが、そういう解説よりも、実際にシングルとダブルの音の違いを聴いたときの驚きのほうが大きいです。ダブルの音を聴いた瞬間、「おおっ!」とか「うぉ!」と言う声が出ます。


普通は、部屋が狭いと大きなスピーカーが置けませんので、スケール感を出すのを諦めてしまうことが多いですが、縦に並べるのであれば場所は取りません。スピーカーの上はたいてい空いているからです。Junoは小型ですが、ダブルで使うと途端にスケール感が出てきて変貌します。Graceのダブルはスピーカーが4個ないのでまだやっていませんが、以前、別のタイプの16cm 2ウェイとダブルで鳴らしたときのスケール感は本当にすごかったです。SATRIアンプで鳴らすと、小さい音で聴いても音場の広さや奥行きは変わりません。夜中に小さく鳴らすことが多い方にもお勧めです。ゆったりしたJazzを静かにかけながら過ごすひとときは癒されると思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。