1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
最近、忙しいです

ImageDoubleDemo.jpg
illusion Imageのダブル構成とSATRIアンプ



最近、秋葉原のお店に来るお客さんが増えてきました。特に目立った宣伝などしておらず、以前と同じように、オーディオに興味を持ち、まじめに取り組んでいる方や友人から聞いて、ちょっと寄ってみたということです。


今はillusion Imageのダブル構成とSATRIプリ、AMP-5513-SPで鳴らすことが多いです。このシステムはユニットもSEASの高級品ですし、特性もほぼフラットになるくらいまで追い込んでいますので、本当に端正な音が出ます。それをダブルで鳴らすと、リアルに近いステージのようすが見えるようなスケール感が出ます。左右だけでなく、縦に長いので上下感も出ます。


先日は耳の良いお客さんがいらっしゃいました。
illusionスピーカーは、ダブルで鳴らすだけでなく、比較のためにシングルで鳴らすこともありますし、SCA-7511Mk2のような小型アンプで鳴らしたりしますのでしょっちゅう配線が変わります。たまたま使っていたケーブルが上と下のスピーカーで違っていたのですが、ダブルで鳴らしてみても大きな差が感じられなかったのでそのまま鳴らしていました。それを試聴したお客さんが音を聞いただけで変だということに気付きました。私の耳ではほとんどわからないくらいの差なんですが、鋭い人は違いますね。


少し前には「純音で18kHz~20kHzが聞こえる」というお客さんが来ました。蛍光灯などから出る高い周波数のノイズがはっきり聞こえるそうです。SoundTesterでサイン波の純音を発生させ、スピーカーから出して聞いてみると、私の場合、音として知覚できるのは16kHzくらいまでです。18kHz~20kHzは、出ているのがわかっていても聞こえません。耳の性能だけ見てもこれだけ違うということは、同じ音楽をかけてもどういう音に聞こえているかは一人一人違うわけで、それを元に判断して「良い音」と感じる音も違ってしまうのでしょう。


極端に言えば、高域まではっきり聞こえる人は高域が粗かったり出過ぎに敏感なので、高域が少し弱いバランスを好みます。逆に高域が聞こえにくい人は高域が少し持ち上がりぎみのバランスでちょうど良く聞こえるのでそういう音が出ると「良い音」だと判断します。うちの場合は、私の耳でちょうど良いと思われるバランスに調整しているつもりですが、スピーカーを替えるとそれぞれ同じバランスにするのは難しいので、各スピーカーが持っている性格ができるだけそのまま出るように鳴らします。バランスを見るのに使うソースは生録をそのままCDに焼いたものが多いです。市販のCDは参考程度に使います。生演奏がそのままそこで演奏しているかのように鳴ればOKと判断します。生録音源と市販CDでは鳴り方そのものが違うので、お店ではその違いを聴いてもらい、いろいろ意見を聞くのも楽しみだったりします。ついでに、SATRIアンプとillusionスピーカーの良さもわかっていただけるとうれしいですが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。