1. 無料アクセス解析
オーディオショップ『試聴屋』オーナーが個人的な日記を書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CDにもカーボンシート

Stabilizer1.jpg
銅板トランスポート(CT-1010)用スタビライザー(左:表、右:裏)


銅板トランスポート用のスタビライザーに、ワンオアエイトカンパニーさんのカーボンシートを貼ってみました。これは、カーボンインシュレーターに使われているものと同じ素材ですが、それをシート状にしたものです。ハサミで切れるくらい薄いですが、カーボン繊維で織ってあるので細かい部分はカッターでないときれいに切れません。


上の写真右側がCDと接触する裏側です。この部分にカーボンシートを貼ります。内側の凹んでいる部分は空けなければいけないので、外形と内径を測り、紙に原寸の図を描いてカーボンシートに重ねて切ります。シートなどを丸く切ることができる文房具も売られていますが、今回は実験なので外側はハサミでカット。内側はハサミでは無理なのでカッターで丁寧に切り取りました。良く見ると外周に凸凹がありますが一応使えます。


Stabilizer2.jpg
カーボンシートを貼る


生録音のCDを聴いてみると、中音から中低音にかけてしっかり出てきます。これけっこういいかも。カーボンシート1枚入れただけでも効果ありますね。このスタビライザーは磁石になっていますので、これ以上シートが厚いと本体の接合部との距離が離れ過ぎ、磁力が弱くなりそうなので、これくらいの厚さがちょうどいいようです。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© オーディオblog. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。